強力タッグでジャンプ! 「紅白」出場宣言も 船橋市のふなっしー

船橋市非公認のゆるキャラ「ふなっしー」に感謝状を贈った同市の松戸徹市長(右)は、公認をめぐるわだかまりを払拭(ふっしょく)するように、市公認の「船えもん」と仲良く“3人”でジャンプ=30日午後、同市役所
船橋市非公認のゆるキャラ「ふなっしー」に感謝状を贈った同市の松戸徹市長(右)は、公認をめぐるわだかまりを払拭(ふっしょく)するように、市公認の「船えもん」と仲良く“3人”でジャンプ=30日午後、同市役所

 船橋市の松戸徹市長は30日、全国に同市の存在と特産品・梨の知名度を高めたとして、市非公認のゆるキャラ「ふなっしー」に感謝状を贈った。「公認」をめぐって市とふなっしーの間にわだかまりもあったが、互いに納得の「非公認」で決着。同市公認の「船えもん」も参入し、“3人”で仲良くジャンプし、今後は強力タッグを組んで船橋を盛り立てる姿勢を示した。

 感謝状贈呈式会場となった市役所大会議室には、新聞・テレビなど報道機関32社の60人が詰め掛け、近所の園児約120人も全国区の人気を誇るふなっしーの「晴れ舞台」を見守った。

 松戸市長が「梨の妖精のあなたは、船橋名産の梨と船橋市を全国に広め、大勢の皆さんに笑顔と幸せを届けてくれました。よってここに深く感謝の意を表します」と述べ感謝状を贈呈。

 公認をめぐる問題が脳裏をかすめたのか、数秒間言葉が途切れた後にふなっしーは「感極まったなっしー」と喜びを表現した。


  • LINEで送る