ディズニーランド・シー宣言解除で入場制限緩和 5000人→1万人 時短営業は継続、アルコール提供も順次再開

東京ディズニーランド(C)Disney
東京ディズニーランド(C)Disney

 東京ディズニーランドとシーを運営するオリエンタルランド(浦安市)は30日、緊急事態宣言が10月1日に解除されることを受け、一日の入園者数の上限を原則5千人から1万人に引き上げることを発表した。営業時間は引き続き午前10時~午後7時までに短縮する。

 アルコールの提供は、東京ディズニーリゾート内の複合商業施設「イクスピアリ」(同市)では同日から再開。パークやホテルは今後、千葉県の確認店認定取得に向け調整を行い、取得次第順次再開する。


  • LINEで送る