千葉市の食のブランド「千(せん)」8商品2サービス初認定 二毛作のメロン、廃棄野菜活かす取り組みも

 千葉市は、昨年9月に創設した食のブランド「千(せん)」に市内の農産品など8商品・2サービスを初認定した。「千葉市の食を千年先へ」というブランドコンセプトを踏まえ、イチゴとの二毛作で農家の収入安定に寄与するメロンや、廃棄野菜を有効活用す ・・・

【残り 1058文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る