私の小倉台日記

■プロフィール
勝山朗子(かつやま・あきこ)
  小説家、エッセイスト。房総文化懇話会会員。文学サークル『槙』同人。共著に『千葉児童文学選集』『槙・文学選集1・2・3』『何がそんなに…』など。千葉市在住。


笑った、笑った

  • LINEで送る

 「桜、観たい?」。四月の半ばに末の妹から電話があった。「そりゃあ観たいけれど、もうないでしょう」と答える。「ヤエザクラなら、たくさんあるのよ。行くとき電話するから。お義兄さんも一緒よ。喜ぶでし ・・・

【残り 837文字】