本の贈り物

■プロフィール
藤原あずみ イラストレーター。1958年長野県安曇野市生まれ。佐倉市在住。主な作品は「野あそびいっぱい 植物編」(萌文社、中山康夫著)、「お話とあそぼう」(一声社、末吉正子著)など。「第18回小さな童話大賞 山本容子賞」、「第9回ミツバチ絵本コンクール佳作」、「第48回千葉文学賞」など受賞。


「共存」 『かぜのかみとこども』

  • LINEで送る

 実家の屋敷森の中に、大きな栗の樹が三本あった。秋になって風が吹くと、栗は実を散らした。栗拾いは、子どもの役目だった。朝、ザルと棒を手に、弟たちと庭に駆け出していく。

 実った稲の間や茂った草の中に、栗は光りながら隠れていた。家畜小屋の屋根や雨どいの中にもこっそりと落ちていた。困難な場所ほど拾うのが楽しくて、宝探しをしている気分だった。イガ栗は、両足でイガを挟み、棒で実をかき出す。はじけていないイガは棒でこじ開け、実りきらない白いのを生でかじった。拾った栗は、日あたりのいい縁側のゴザに広げられた。たいていは皮のまま茹でて食べるのだが、形がいい物はお正月用に皮をむいて砂糖煮にした。皮をむく母の手もとを見ているのが、私は好きだった。母はいつも忙しかった。じっくり語りあった記憶がないが、仕事をする傍らで短い話をいっぱいしてきたのだと、今にして思い当たる。

 思い出の中の晩秋の光景は、豊かで深い。錦に染まった山があり、高く澄んだ空と、空いっぱいの赤とんぼ。稲刈りが済んだ田んぼがゆったりと広がり、人も大地も深い吐息をつく。それは、収穫が終わったと言う安堵と、さあ冬支度だぞと言う決意の表明だ。子どもたちは、忙しい大人のそばで、邪魔にならぬよう遊んだり、手伝いをした。一緒に冬支度の興奮を味わった。信州では、大きな樽に野沢菜を漬け込むのが、秋の最後の仕事だった。

 「風の神と子ども」という昔話がある。お堂で子どもたちが遊んでいると、見たこともない男がふらりとやってきて、「なしや柿がいっぱいなってるとこへつれてってやるぞ」と言う。男は尻から尻尾のようなものを出し、そこに子どもを乗せてこうこうと空を駆け、どっさりと果実が実ったところに連れて行く。散々食べて一緒に遊んでいるが、日が暮れると、男は子どもたちを置いてふいっといなくなってしまう。子どもたちが泣きながら明かりの見える方に歩いて行くと、ぼたぼた太ったばあさまが出てくる。「こりゃ、おらとこの、南風の仕業だな。ほんにきまぐれでしょうがない。おらは、風の神の親どんだ。じきに、おらとこの北風にお前らをおくらせるから、案じるな」

 そして、風の神の親どんは、白いご飯とふうふうの熱い豆腐汁をご馳走してくれる。子どもたちは北風の尻尾に乗って、村に帰っていく。

 何と言うことのない話だが、語る人も聞く人も、ほっこりと幸せな気持ちに包まれる。自然と人とがいいバランスで暮らしていた頃、こんなことが起きたのではないか、ふとそんなことを思わせてくれる昔話だ。...

  【メモ】「かぜのかみとこども」瀬川康男絵・フレーベル館

 ・・・

【残り 1136文字】