船橋大神宮・富氏と家康 南総里見八犬伝(20)

  • 0
  • LINEで送る

「常磐神社御箱」に収められていた徳川家と富氏の関係を描く一幅の画。正面上・徳川家康の直筆・花押、正面・徳川秀忠、左・富氏、右・家光と思われる(船橋市教育委員会保有)

 ここで船橋の延喜式内意富比(おおい)大神宮(現・船橋大神宮)の宮司・富氏と徳川家康の関係を述べましょう。富氏は船橋-東金の御成街道設立時に自分の邸宅地を、船橋御殿4800坪の造営に提供するなど ・・・

【残り 1038文字、写真 1 枚】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン