市船2年ぶり決勝 流経大柏も完封で名乗り 千葉県高校サッカー

  • LINEで送る

 第89回全国高校サッカー選手権千葉県大会決勝トーナメント第4日は14日、柏の葉公園総合競技場で準決勝2試合を行い、流通経大柏と市船橋が決勝に進んだ。流通経大柏は3年ぶり、市船橋は2年ぶり。

 流通経大柏は序盤に先制点を奪い、安定した守りで柏日体を1-0で下した。市船橋は後半にセットプレーなどで得点を重ね、3-0で八千代に快勝した。

 決勝は21日、市原臨海競技場で午後1時から行われる。流通経大柏は3大会ぶり3度目、市船橋は2大会ぶり18度目の全国大会出場を目指す。

◆2年連続の全国逃す八千代

 2年連続の全国出場を目指していた八千代は3失点で敗退。後半開始早々にCKを起点に均衡を破られると、FKとPKでゴールを割られた。流れの中での失点ではないだけに、砂金伸監督は「経験値の差が出た。集中が途切れたのかな」と振り返った。

 ▽準決勝

市船橋 VS 八千代
 3 0 前半 0 0
3 後半 0
 ▽得点者【市】山野辺、水谷、石原

 【評】市船橋が快勝。後半3分に小出のクロスを山野辺が頭で合わせて先制し、10分には水谷が右足で2点目を決めた。21分にゴール前へ切り込んだ石原が 倒されPKを得ると、石原がこれをきっちりと決めて突き放した。八千代は前半、大和久を中心にゴール前へ攻め込んだが得点できなかった。

流通経大柏 VS 柏日体
 1 1 前半 0 0
0 後半 0
 ▽得点者【流】田宮

 【評】流通経大柏が前半の1点を守った。10分に田宮が頭で決めて先制し、その後も追加点は奪えなかったが、主導権を握った。相手の7倍以上となる15本 のシュートを浴びせ、試合終了間際には増田を中心に粘り強い守備が光った。柏日体は守備で耐えたが、攻撃でシュートまで運べなかった。