習志野14安打で快勝 川上、要所締めて完封 第95回全国高校野球選手権記念千葉大会 第12日

  • LINEで送る

 第95回全国高校野球選手権記念千葉大会第12日は26日、QVCマリンフィールドで準決勝2試合を行い、Bシードの習志野と木更津総合が決勝へ進んだ。

 習志野は一回に先制すると三回に熊沢の適時二塁打などで2点を追加し、その後も得点機に着実に加点。川上が9安打完封。

 木更津総合は四回に桧村の2点二塁打で勝ち越したが、九回に同点とされ延長にもつれ込み、十三回に湯浅の三塁打と連続四球でサヨナラ勝ちした。

 決勝はきょう27日午前10時から。習志野が勝てば2年ぶり9度目、木更津総合が勝てば2年連続4度目の甲子園出場が決まる。