無欲で乱戦に終止符 東京学館浦安・礒野

  • LINEで送る

 初球の外角直球を完璧に捉えた瞬間、左腕を突き上げた。「やっと終わった」。東京学館浦安の礒野大樹は、一塁ベースを回ったところで今度は右腕を上げて跳びはね、そしてその場にうずくまって涙した。大乱戦に終止符を打った。

 7-7で迎えた九回無死三塁。一打で試合が決まる場面で、殊勲者は「自分が決めようという気持ちはなかった」と意外な言葉。二回まで5-0とリードしながらももつれた試合に「精神的につらかった。気の抜けない試合だった」。