拓大紅陵6長打で快勝 不振の7番打者が復活・初芝

  • LINEで送る

 4回戦で延長十五回を制して勢いに乗る相手を、15安打の猛打で返り討ちにした拓大紅陵。2連打が2度、3連打も2度というつなぎぶりには、不振にあえぐ7番打者の復活があった。4回戦まで8打数無安打だった初芝隼は「ずっとみんなに迷惑を掛けていた。ほっとした」と3安打の活躍に胸をなで下ろした。

 一回に3連打であっという間に先制すると、二回は先頭の高田怜央主将が三塁打。ここで初芝が連続三塁打で続いた。「やっと打てた」と初安打に気を良くすると、三回にも左前打。六回は先頭で右中間三塁打を放ち、3点に詰め寄られたリードを再び5点に戻す足場をつくった。

 4回戦では第3打席の途中で代打を送られ「情けなかった」と屈辱を味わった。千葉ロッテで活躍した初芝清氏の長男は、ただでさえ「プレッシャーがある」のが本音。だが「きょうはそれを意識から捨てた。チームのために何が出来るかだけを考えた」。仲間とともに戦う事を思い出し、殻を破った。