鎌数伊勢大神宮神楽/鎌数伊勢大神宮

  • LINEで送る

 鎌数伊勢大神宮は、昔、旭市北部(干潟)一帯にあった「椿の海」と呼ばれた大きな湖を干拓してできた「干潟八万石」の大業完成記念として、寛文12年(1672年)に伊勢皇大神宮より御分霊をうつして、干潟の総鎮守産土神としておまつりした神宮です。ここで行われる神楽は、江戸中期の宝歴6年(1756年)から続き、毎年、3月27日・28日(各日午前11時ごろから午後5時ごろ)に、うずめ、おかめ、鯛釣りなど12座の舞で五穀豊穣を祈願します。太鼓・鼓・笛による古式豊かな演奏も加わり、神楽をさらに引き立てます。

 昭和40年に千葉県無形民俗文化財に指定されました。

【日時】3月27日(月)・28日(火) 11:00~17:00
【会場】鎌数伊勢大神宮(旭市鎌数4314)
【交通】車の場合:千葉東金道路から銚子連絡道を経由し、終点「横芝光IC」から約25分
    電車の場合:JR総武本線干潟駅から徒歩20分
【URL】http://www.city.asahi.lg.jp/kanko/event/index2014fall.html
【問い合わせ】鎌数伊勢大神宮 TEL 0479(62)1982