筒粥の神事/飽富神社(袖ケ浦市)

  • LINEで送る

 稲・麻・麦・大豆などの農作物の作柄を占う古くから伝わる伝統行事です。当日の朝から境内の社務所に氏子が集まって準備をします。神事は夜中まで続き、午前0時が近づく頃には、地区の若者たちが裸になって水を浴び、身を浄めます。その後、若者たちがヒノキの板と棒をこすり合わせて火をおこします。鍋に米の粉を入れて粥を作り、その中に葭(あし)の束を次々と入れて煮つめます。煮えた粥が冷えた後、粥を煮た鍋を神前に奉納し、占う葭の束を取り出し、中に詰まった粥の量をはかって、その量から作柄を占います。

開催日 1月14日(木)
会 場 飽富神社/袖ケ浦市飯富2863
交 通 JR内房線袖ケ浦駅からタクシー5分
問合先 TEL(0438)62-3744 袖ケ浦市生涯学習課