論説

せめぎ合う理想と現実 一宮川の氾濫対策始まる 【論説】

 一昨年秋の大雨で甚大な浸水被害が出た一宮川で、昨年後半から河川の改修工事が動き始めた。本格的な護岸整備や河道拡幅はこれからだが、倒木や堆積していた土砂の撤去などが着実に進み、景観も改善さ ・・・

【残り 839文字】



  • LINEで送る