【速報】千葉大と千葉県警に爆破予告 全キャンパス、付属校で授業中止に

千葉市稲毛区の千葉大学西千葉キャンパス=今年2月
千葉市稲毛区の千葉大学西千葉キャンパス=今年2月
千葉県警本部
千葉県警本部

 千葉大学と県警本部に爆破予告があり、千葉大が24日午後から附属幼稚園と小中学校を含む全キャンパスと施設で授業を中止したことが同日、同大への取材で分かった。学生と一般利用者の立ち入りを一時禁止し、教職員の業務は警備や事務連絡に関する必要最小限にとどめた。同大病院での診療は警備を強化した上で通常通り行っている。

 同大によると、同日午前に県警から「千葉大と県警を爆破する」との予告が届いたと連絡があった。同大は午後から授業の中止と学内への立ち入り禁止を決定。各キャンパスや施設で警備を強化した。異常が確認されなかったため、立ち入り禁止措置は同日午後4時に解除。授業は25日から再開するという。

 県警によると、県警本部にメールで爆破予告があった。県警本部内で不審物は確認されておらず、通常通り業務を続けている。


  • LINEで送る