閉園まで乗り物無料に 千葉市動物公園の遊園地 来月17日から

  • 1
  • LINEで送る

5月17日から閉園まで無料開放する遊園地の乗り物(観覧車は運転中止)=千葉市若葉区の市動物公園

 千葉市は5月末で廃止する同市動物公園の遊園地「ドリームワールド」の乗り物の使用料金を、来月17日から閉園までの期間、無料にすると発表した。

 動物公園によると、遊園地は1985年の1次オープン時から営業している。観覧車は昨年から、メリーゴーランドは今年4月からそれぞれ老朽化のため運転を中止するなど、施設の老朽化が進んでいる。一方、乗り物の利用回数は、2012年までの10年間で39・8%の大幅減。老朽化への対応が難しく、廃止することが決まった。跡地は、子どもたちが動物と触れ合う場所に再生する予定。

 乗り物の無料開放は、これまで遊園地を利用してきた人々への感謝の意を込めて、最後に再び訪れてもらおうと企画した。ローラーコースター「ゴーゴーコースター」や丸太型の乗り物で水場を下る「急流すべり」、タコ型の遊具「モンスター」、ティーカップなど全10種類の乗り物の料金が無料となる。入場には、動物公園への入園料(小学生未満無料)が別途必要。

 乗り物の無料開放期間は17日から31日(月曜休園)、午前9時半~午後4時半(入園は午後4時まで)。31日の営業終了と同時に閉園する。