浦安市に内閣府表彰 自転車事故防止の活動評価

  • 0
  • LINEで送る

交通安全功労者交通対策本部長表彰式に出席した宇田川義治浦安市都市整備部長(右)=東京都千代田区

 交通安全に功績があった個人や団体を表彰する内閣府の「2013年度交通安全功労者交通対策本部長表彰式」が、東京都千代田区の東海大学校友会館で開かれ、団体の部で浦安市が表彰された。今年の受賞者は全国で個人21人、団体は5県と5市村。個人、団体を合わせ県内は同市のみ。

 同市は、市民と一丸となって自転車による人身事故を減らそうと、公募の市民を隊員とする「市自転車安全利用推進隊」を10年10月に発足。現在、高校生や自治会メンバー、小学校PTAら65人が参加し、月1回程度、朝の通勤通学時間帯や夕方に交通量が多い交差点などで啓発活動を行っている。

 市によると、土地が平らで市域が狭い同市では、通勤通学や日常生活で自転車を利用する人が多いこともあり、交通人身事故に占める自転車事故の割合が高いのが課題だった。