婚活イベント 無償サポート 全国展開に着手 相談所運営ノウハウ生かし 「ウェブ」(市川市)

 結婚情報サービス業のウェブ(市川市)は、自治体などが主催する婚活イベントの無償支援に力を入れている。3年前から県内公共団体向けに支援を始め、先月から全国展開に着手。結婚相談所運営のノウハウを生かしイベントをサポートすることで、参加者の満足度を高めるとともに、同社の仲介サービスの利用増も狙う。

 ウェブは1994年創業。結婚の個別相談や仲介、お見合いパーティーの開催などを手がける。

 自治体による婚活イベントの無償支援は、これまで船橋市や浦安市で実施。講習会では、ベテランカウンセラーが第一印象を良くする身だしなみや異性との会話の作法を伝授。婚活パーティーでは場になじめない参加者に声をかけ、背中を押すなど、きめ細かなサービスを提供している。

 こうしたプロならではの支援に主催者の反応も上々だ。船橋商工会議所の担当者は「積極的な支援をいただき、満足度の高いイベントが運営できるようになった。企画に関しても、プロの目線からアドバイスをもらえるのはありがたい」と話す。

 具体的には「短時間のイベントでは参加者同士がなかなか名前を覚えられない」との指摘を受け、名札に番号を付け相手を覚えやすくする改良を加えるなどした。また、浦安観光コンベンション協会も同社の意見を踏まえ、イベントに世代別の少人数制を取り入れている。

 単にイベントを無償支援するだけでなく、終了後にカップル成立に至らなかった人向けの個別相談も実施。必要に応じて同社のサービスを紹介することで収益につなげている。

 こうした県内での支援に手応えを感じた同社は、全国27支店でも無償支援を展開。担当者は「地域の特性を把握し、充実したイベントを開催していく。1人でも多くの方の結婚のために積極的にフォローしていきたい」と話している。


  • LINEで送る