論説

新機軸で交付金獲得を コロナ後見据えた地方創生 【論説】

 新型コロナウイルスによる混迷が3年目に入る2022年は、あらゆる場面で立て直しを図る年になる。我慢の2年間から脱却し、明るさを取り戻すためには、地方が元気になることが必須。停滞気 ・・・

【残り 800文字】



  • LINEで送る