ちばの選挙

「与党の強み発揮する」 事務所開きで自民・関県議【’21知事選】

新型コロナ対策で、カメラ越しに事務所開きのあいさつをする関県議=16日、千葉市中央区
新型コロナ対策で、カメラ越しに事務所開きのあいさつをする関県議=16日、千葉市中央区

 3月4日告示、21日投票の千葉県知事選に向けて、自民党推薦で立候補する同党県議の関政幸氏(41)は16日、千葉市中央区の後援会事務所で「事務所開き」を行った。新型コロナウイルス対策のためテレビ会議システムを使い、関氏はリモート視聴している支持者らに「自民推薦、責任与党の候補予定者として、まずは新型コロナ対策に全身全霊で臨む。国・県・市町村一丸で取り組める強みを発揮したい」と呼び掛けた。

 選対総括責任者の森英介衆院議員は「自民党千葉の底力をもってすれば(投票日までの)65日で当選できると確信する」と強調し、選対本部長の渡辺博道同党県連会長は「後れを取っており、取り戻すため力強い支援を願う」と訴えた。

 事務所開きは県選出国会議員や県議ら、出席人数を絞って開催。視聴する支持者へ、カメラ越しに知事選へ臨む姿勢を示した。


  • LINEで送る