ちばの選挙

元校長の皆川氏、出馬表明 「教育の重要性訴える」【’21知事選】

皆川真一郎氏
皆川真一郎氏

 任期満了に伴う来春の千葉県知事選で、元県立高校校長、皆川真一郎氏(66)=写真=が無所属で立候補すると表明した。「千葉の高校教育は衰退している。子どもたちが生きやすい千葉をつくるために、教育の重要性を訴える」と述べた。水産高校復活、工業高校新設などを掲げ、県立銀行の創設や地域通貨「県札」発行などの政策を発表した。

 皆川氏は前回知事選にも一時立候補を表明したが、候補者調整のため取り下げ。2017年には衆院選千葉12区から社民党公認で立候補、落選している。

 知事選には千葉市長の熊谷俊人氏(42)、自民党県議の関政幸氏(41)、元船橋市議の門田正則氏(73)が立候補を表明している。


  • LINEで送る