ちばの選挙

【速報】自民、関県議の擁立を了承 千葉県知事選

関政幸県議
関政幸県議
国会議員団会議で関県議の知事選への擁立を説明する渡辺県連会長=25日、自民党本部
国会議員団会議で関県議の知事選への擁立を説明する渡辺県連会長=25日、自民党本部

 任期満了に伴う来春の千葉県知事選に向けて、自民党県連は25日朝、東京都内の党本部で県選出国会議員団会議を開き、同党の関政幸県議(41)=千葉市緑区選出、3期=を擁立することを了承した。会議後に会見した渡辺博道県連会長は「全会一致で関県議を擁立することを了承した」と述べ、同党が一丸となって戦うと強調。関県議は「県議として児童虐待やいじめ問題などに携わった。自分にできることを知事の立場で全力で取り組みたい。全身全霊で臨む」と意欲を示した。

 同党県連は27日に選対委員会を開き、正式決定の手続きを経て、党本部に推薦申請する。公明党側には今後、支援要請を行う。

 前回選挙で同党が支持した森田健作知事が今期限りでの退任を表明しており、同党は独自候補擁立へ選考作業を進めていた。

 関県議は、早稲田大卒。弁護士。2011年4月に県議選緑区選挙区で初当選。現在3期目。同党県連の副幹事長を務めている。

 知事選へは千葉市長の熊谷俊人氏(42)、元船橋市議の門田正則氏(73)が立候補を表明している。


  • LINEで送る