ちばの選挙

市民生活で3氏舌戦 コロナや税金使途論点 市議補選は欠員1に11人 船橋市長選告示

 任期満了に伴って13日に告示された船橋市長選は、新人で元市議の門田正則氏(74)、現職で3期目を目指す松戸徹氏(66)=自民党、公明党、立憲民主党推薦=、新人で元県議の丸山慎一氏(65)=共産党推薦=の3人が、無所属で立候補した。新型コロナウイルス禍の中で、継続的な対応の必要性を訴える現職に、不備を指摘して転換を掲げる2新人が挑戦。市民の健康と暮らしを守る方策や将来を見据えた税金の使い道を論点に、7日間の舌戦が幕を開けた。同日程 ・・・

【残り 1946文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る