ちばの選挙

鎌ケ谷市長 清水氏が5選

  • LINEで送る

清水聖士氏
清水聖士氏

 任期満了に伴う鎌ケ谷市長選は8日投開票され、無所属で現職の清水聖士氏(57)が、新人で前市議の岩波初美氏(59)を破り、5選を果たした。

 投票率は33・42%で、2014年の前回(35・85%)を2・43ポイント下回った。当日有権者数は9万966人(男4万4833人、女4万6133人)。

 清水氏は、待機児童ゼロや防犯パトロール隊の結成など4期16年の実績を強調した上で、県市長会会長の立場を生かして北千葉道路の建設促進や新京成線の高架化などに取り組む姿勢を示し、支持を獲得した。

 岩波氏は現職を「多選」と批判し、人口減少に対応した市政への変革などを訴えたが、及ばなかった。

 ◇清水氏の略歴 市長、県市長会会長、北千葉道路建設促進期成同盟会長(元)外務省職員、伊藤忠商事社員。米国ペンシルベニア大学大学院ウォートンスクールMBA取得。新鎌ケ谷

◆鎌ケ谷市長選開票結果 =選管確定=

当 18851清水 聖士 57 無現(5)
  11182岩波 初美 59 無新