2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

ちばの選挙

市川市選管が発表ミス 市議選得票数 【ちば統一選2015】

 市川市選挙管理委員会が27日未明に発表した市川市議選(定数42)の開票結果(確定票)で、一部の候補者の得票数を1桁間違え、当落の判定に影響するミスがあった。

 選管が同日午前0時半すぎに発表した0時の確定票で、無所属現職の松永修巳氏の得票数が291・369(小数点以下は案分票)となっていたが、2910・369の間違いだった。実際の得票数では11位で当選となるところ、落選と間違えられた。この結果、実際は次点だった無所属新人の吉田貴明氏が誤って当選とされた。

 選管によると、市職員がパソコンに得票数を入力する際、単純ミスで一の位の0が抜けてしまい、その後のチェックでも気付かないまま発表した。報道機関からの指摘で誤りに気付き、午前1時ごろ、確定票を訂正した。


  • LINEで送る