ちばの選挙

松戸市議選あす告示 68人出馬の激戦か

 任期満了に伴う松戸市議選(定数44)が14日告示される。これまでに立候補を表明しているのは現職35人と新人27人、元職6人の計68人。62人が立候補した4年前の前回(定数46)を上回る激戦となりそうだ。

 立候補予定者の党派別内訳は民主11人、公明10人、共産5人、自民2人、社民2人、みんな2人、無所属36人。女性は13人が立候補する見込み。

 6月の同市長選で本郷谷健次市長が初当選し、16年ぶりに新市長が誕生した後の最初の市議選。新旧交代のみならず、本郷谷市長の支持議員がどれだけ増えるかが大きな焦点。新人候補の多数出馬も特徴で、かつてないほど票読みが困難な選挙となりそうだ。


  • LINEで送る