大阪万博会場に2億円トイレ 経産相「高額ではない」

整備が進む万博会場=7日、大阪市の夢洲

 斎藤健経済産業相は20日の閣議後の記者会見で、2025年大阪・関西万博会場に設置するトイレの一部に約2億円で契約した設備があることを明らかにした。「一般的な公衆トイレの建設費用と比べて、取り立てて高額であるとは言えない」との見解を示した。

 自見英子万博相も同日の会見でトイレについて言及。50〜60台の便器を備えた大規模設備であるため「規模から考えれば必ずしも高額とは言えない」と指摘した。

 万博を運営する日本国際博覧会協会は会場全体で約40カ所の公衆トイレ施設の整備を計画。このうち8カ所は今後活躍が期待される若手建築家が設計し、2カ所がそれぞれ約2億円で契約されたという。


  • LINEで送る