米GDP改定値5・2%増 7〜9月期、上方修正

 【ワシントン共同】米商務省が29日発表した2023年7〜9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は年率換算で前期比5・2%増となり、速報値の4・9%増から上方修正された。設備投資や地方政府の支出の伸びが速報値から上振れしたことが主な要因。

 5期連続のプラス成長で、伸び率は21年10〜12月期以来の高水準。改定値は市場予想の5・0%増も上回った。米連邦準備制度理事会(FRB)が高い政策金利水準を続ける中でも、米経済は堅調さを示した。


  • LINEで送る