加算期間、第1子の22歳まで 第3子の児童手当

 政府は、児童手当拡充を巡り、第3子への加算期間を「第1子が22歳になった年度末まで」とする方針を固めた。大学在学中などの条件は設けない方向で調整する。関係者が28日明らかにした。

 政府は6月に閣議決定した「こども未来戦略方針」で、児童手当について(1)支給対象を高校生年代に延長(2)第3子は0歳から高校生年代まで月3万円に増額―とした。

 ただ従来の要件では、きょうだいが3人以上いる場合、1番目の子が18歳になった年度末を過ぎると加算を受け取れなくなる。

 政府は、第3子加算の期間を、第1子が大学生に相当する年齢に延ばすなど複数案を検討しており、具体化した格好だ。


  • LINEで送る