第15日 西千葉 決勝(7月26日)の高校野球記事一覧 <第100回千葉大会>

  • LINEで送る

 中央学院が初優勝―。第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会は26日、ZOZOマリンスタジアムで西千葉の決勝が行われ、中央学院が6―2で東京学館浦安を下し、西千葉80チームの頂点に立った。

 中央学院は四回、大谷、池田の連続本塁打で勝ち越した。1点差に迫られた六回には西村、手塚の連打で3点を加えて東京学館浦安を突き放した。中央学院は春夏連続の甲子園。

 東京学館浦安は五回、代打内山の適時打で追い上げたが、併殺などで好機を生かせなかった。

 全国大会は8月5日、阪神甲子園球場で開幕する。

夏の甲子園初出場を決め、笑顔でスタンド前に向かう中央学院ナイン=26日午後、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム

⇒中央学院悲願の初V 学館浦安堅守も涙

⇒次は聖地で初勝利 センバツの借り返す

⇒中央学院ナイン喜びの声

⇒青木、全試合で長打 中央学院

中央学院―東京学館浦安 4回表中央学院1死、大谷が右翼席へ勝ち越し本塁打を放つ。捕手遠藤=ZOZOマリン

⇒試練越え再び聖地へ 中央学院・大谷

⇒池田奮起連続アーチ 「絶対続く」甘い球見逃さず

⇒エース離脱で覚醒 中央学院・西村

⇒貴重な2点適時打 中央学院・手塚

⇒支えた選手と歓喜の輪 中央学院 記録員・木下さん

⇒お前たちなら行ける 来夏へ再起誓う学館浦安 後輩に託す甲子園

西千葉大会決勝で敗れ、「甲子園」に手が届かず悔しがる東京学館浦安の選手=26日、ZOZOマリン

⇒「出し切れた」誇り胸に 好守の二遊間“黄金コンビ” 学館浦安 宇佐見・増田侑

⇒先輩の分まで雪辱誓う 補聴器着けプレー 学館浦安・殿山

⇒本紙号外、熱戦伝える 球場周辺で3千部配布