2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

第14日 東千葉 決勝(7月25日)の高校野球記事一覧 <第100回千葉大会>

 投打に圧倒し、木更津総合が3年連続7度目甲子園。ノーシード成田は先制も力尽きる。第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会第14日は25日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで東千葉の決勝を行い、木更津総合が10-2で成田を破り、頂点に立った。

⇒木総合3年連続甲子園 成田、先制も豪打に屈す

⇒狙い球強振「3年生のために」 逆転2ラン木総合・太田

⇒本塁打でチームに勢い 東、OB兄の助言を力に

3回表木更津総合1死、東(右)が左翼席にソロ本塁打を放ち喜ぶ

⇒1番打者役割果たす 4度出塁の田中

⇒進化続ける“総合”力

⇒ベンチから声でけん引 木更津総合主将・比護

⇒オレンジ軍団、声援届いた!! 級友、家族がV後押し

木更津総合高校が勝利を決め、喜びを爆発させる一塁側スタンドの生徒たち=25日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム

⇒木更津総合ナイン喜びの声

⇒投手経験生かし激励 木総合、記録員の小早川さん

⇒成長実感も「相手が上」 “笑顔”を意識自然体で 成田・田宮

尾島監督(右)にねぎらわれる成田・田

⇒来年こそ勝ち切れ 切符の夢、後輩に託す 快進撃成田決勝で尽きる

⇒“小さな応援団”も声援 28年前の甲子園選手の娘、愛子さん 父の「背番号9」着用 成田

⇒貫禄ある戦いぶり 森田健作知事

⇒悔いのないプレーを 渡辺芳邦木更津市


  • LINEで送る