東京五輪の開催是非 千葉県の熊谷知事 「現時点は開催へ努力する局面」

定例記者会見で、東京五輪・パラリンピック開催是非についての見解を述べる熊谷知事=13日、千葉県庁
定例記者会見で、東京五輪・パラリンピック開催是非についての見解を述べる熊谷知事=13日、千葉県庁

 千葉県の熊谷俊人知事は13日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催是非について「現段階で言えば、少なくとも開催に向けて努力していくべきフェーズ(局面)」と述べ、同日時点の見解として開催を支持する考えを示した。

 一方で、新型コロナウイルス感染状況などで「選手や関係者、医療提供体制にとって開催できるような状況ではないと判断されるなら、千葉県の意見だけではなく、大会組織委員会や東京都、政府が開催しない方向に適切に判断されると思っている」と述べ、感染状況を見極める姿勢を示した。

 また、開催の是非を判断する前提については「科学的根拠に基づいて判断されるべきで、安全性の確保が大前提」と指摘。大会組織委員会、東京都、政府があらゆる選択肢の中から検討し、最善の選択がなされるものと受け止めているとした。


  • LINEで送る