【速報】茂原署の巡査、報償金94万円を不正受給 駐在所に「妻が同居」とうそ 千葉県警が書類送検、処分

千葉県警
千葉県警

 千葉県警は24日、駐在所勤務の警察官の配偶者らに業務協力への謝礼として支給している家族報償金を不正受給したとして、詐欺の疑いで茂原署地域課の男性巡査(31)を書類送検し、停職6月の懲戒処分とした。出産のため実家に帰省していた妻が同居していると虚偽の申告。不正受給分は借金返済に充てていた。巡査は同日付で依願退職した。

 書類送検容疑は2020年6月~昨年7月の間、妻が出産のため実家に戻り駐在所で同舎していないのに、12回にわたって虚偽の申請を行い、家族報償金計94万8千円を不正に受け取った疑い。

 県警監察官室によると、家族報償金は同居の上、月の半分より多い日数で業務協力があった場合に一律月額7万9千円が支給される。巡査は約1カ月しか妻が帰省していないとうその報告をしていた。「借金を抱えていて、その返済に充てていた。非常に申し訳なく、警察官の職を辞することで責任を取りたい」と謝罪。不正受給分を全額返金したという。

 今年2月、県警本部に情報提供があり捜査していた。川口光浩首席監察官は「警察の信頼を損ねる行為で深くおわびする」とコメント。県警は再発防止として、7月以降は毎月の申請時に各署地域課の幹部が配偶者と面接し、確認するとした。


  • LINEで送る