【速報】成田署巡査長、制服で巡回連絡中に性的行為 職務上知り合った女性と 千葉県警が書類送検 「男女の仲になれると…」

成田警察署
成田警察署

 千葉県警は26日、職務上知り合った女性と職務中に性的な行為などをしたとして強制わいせつと強制性交の疑いで成田署地域課で駐在所勤務の男性巡査長(37)を書類送検するとともに、減給10分の1(6月)の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。

 書類送検容疑は昨年7月31日と同8月6日、制服で巡回連絡中、女性宅で女性に性的な行為をし、さらに、同7日の公休日には女性と性行為を行った疑い。県警は認否を明らかにしていないが、巡査長は職務中に不適切な行為をしたことは認めているという。

 県警監察官室によると、女性とは2019年4月ごろに職務に関連して知り合った。昨年7月に連絡先を交換し、LINEで連絡を取るようになった。巡査長は「男女の関係になれると思った」などと供述している。

 女性は今年4月に県警本部にメールで相談。9月に成田署に被害届を出した。

 川口光浩首席監察官は「警察の信頼を損ねる行為で、断じて許されるものではない。県民に深くおわびする。指導・教養を図り、再発防止に努めていく」とコメントした。


  • LINEで送る