マスク外す?外さない? 松野長官「屋外は不要」 人いないなら/コロナ感染心配 千葉県民、意見割れる

マスク姿で京成千葉中央駅前を歩く人たち=11日午後、千葉市中央区
マスク姿で京成千葉中央駅前を歩く人たち=11日午後、千葉市中央区

 「周りに人がいなければ外しても良いのでは」「感染が心配なので外さない」-。新型コロナ対策のマスク着用を巡って、千葉県民の意見は割れている。学校現場では熱中症対策を兼ねて、運動時などは条件がそろえば着用の必要はないとマニュアルを更新したケースも。専門家は感染者の増加を懸念し“脱マスク”が進むことに警鐘を鳴らした。

 千葉市中央区の主婦、神田まりかさん(32)は夏場に向け「熱中症の心配があるので、子どもはマスクなしで良いと思う」。同区の主婦、倉本由香里さん(34)は「周囲に人がいなければ、大人もマスクを外して良いのでは」と話した。若葉区の会社員女性(34)も「屋外なら外しても」と同意見だ。

 一方で、中央区の看護師、金子弥生さん(46)は「外すのはまだ早い」ときっぱり。「ワクチンを3回接種しても感染する人もいる。人との距離が十分保てても、飛まつ感染などで100%安全とは言えない」と警戒する。若葉区の契約社員女性(64)は「(感染予防で)自分は引き続きマスクをする」と断言した。

 船橋市教委は、国や県の最新の考え方を踏まえて「学校生活における感染症対策マニュアル」(指針)を今月6日に更新。「マスクを着用する必要がない場合」として▽他の児童生徒らと十分な身体的距離が確保できる▽熱中症などの恐れがある▽体育の授業と運動部活動-を明示。登下校中についても「他の児童生徒や一般の人と十分な身体的距離が確保できる場合」は、マスクの着用が必要ないとした。

 柏市立手賀東小の佐和伸明校長は「長引くコロナ禍で、子供たちもストレスがたまっている。十分に距離が保てるならマスクは外した方が良い。恒常的なマスク着用は子供たちの情操面にも問題があり、徐々に屋外からマスクを外して活動してもらえるようにしたい」との考えを述べた。


  • LINEで送る