沖合で波待ち中か、サーフィンの男性死亡 匝瑳

匝瑳署
匝瑳署

 16日午前11時45分ごろ、千葉県匝瑳市長谷の吉崎浜の沖合で、男性がサーフィンをしていて溺れたと救助したサーフィン仲間から119番通報があった。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。匝瑳署は、身元の確認を急ぐとともに原因を調べている。

 同署によると、男性は仲間4人で訪れ、約200メートル沖合で波待ちをしていたという。


  • LINEで送る