【新型コロナ詳報】千葉県内5人死亡、83人感染 高齢者施設でクラスター

 千葉県内で30日、新型コロナウイルスに感染した5人の死亡と、83人の感染が新たに判明した。一日の感染者数が100人を下回るのは4日連続。松戸市の高齢者施設でクラスター(感染者集団)が発生した。

 県は60代~90代以上の男女4人、船橋市は50代男性=同市=の死亡をそれぞれ発表した。

 6日に亡くなった80代男性は、持病の治療のため9月上旬に医療機関に入院。入院先でクラスターが発生し、検査で陽性が判明、その後死亡が確認された。また90代以上の女性は高齢者施設クラスターの関係者。2人のワクチン接種歴は不明。その他の3人は未接種あるいは1回。5人とも基礎疾患があった。

 県はまた、10歳未満~90代以上の58人の感染を発表した。松戸市の高齢者施設「ガーデンコート矢切」では入居者8人と職員1人の感染が判明し、計9人のクラスターと認定した。施設内の検査はひと通り終えている。入居者8人はいずれもワクチンを2回接種していた。

 千葉市は、10代~60代の8人の感染を発表した。同市の感染者が10人を下回るのは6月26日以来。柏市は10~70代の10人、船橋市は10代~90代の7人の感染をそれぞれ発表した。

 30日に感染が確認された人の居住地は市川市11人▽柏市8人▽千葉市、船橋市が各7人▽松戸市、八千代市が各6人▽市原市、我孫子市が各5人▽流山市、木更津市が各4人▽八街市、袖ケ浦市が各3人▽習志野市、野田市、山武市が各2人▽佐倉市、成田市、富里市、大網白里市、東金市、旭市が各1人▽海外2人。


  • LINEで送る