木更津で700万円強盗、男2人逮捕 うその電話で示談金要求 組織的犯行か

 木更津市で3月に高齢女性が現金約700万円を奪われた事件で、千葉県警は19日、強盗の疑いで鎌ケ谷市中佐津間2、無職、高橋広幸容疑者(34)と柏市戸張、防水工、野口誠治容疑者(26)を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し3月27日午前10時半から同10時45分ごろの間、木更津市高柳の無職女性(78)宅に押し入り、背後から女性の首を羽交い締めにして「金庫はどこだ」と脅し、現金約700万円と携帯電話1台を奪った疑い。女性にけがはなかった。

 県警捜査1課によると、高橋容疑者が事件の約30分前に女性宅に「(女性の)息子が当て逃げ事故を起こした。示談金が必要」などとうその電話をかけ、女性は自宅に現金があると伝えていた。

 容疑者2人は知人同士で、女性宅周辺の防犯カメラに2人が映っていたことなどから浮上した。県警は振り込め詐欺グループの組織的犯行とみて捜査している。県警は捜査に支障があるとして2人の認否を明らかにしていない。


  • LINEで送る