【新型コロナ詳報】千葉県内129人感染、1人死亡 市川の物流センターでクラスター

千葉日報 新型コロナ情報
千葉日報 新型コロナ情報

 千葉県内で24日、新型コロナウイルスに感染した1人の死亡と、129人の感染が判明した。2日連続で一日の感染者数が100人を上回った。

 県疾病対策課によると、死亡したのは県内に住む50代女性。自己免疫疾患があり、陽性が確認され入院し、酸素投与を受けていたが回復しなかったという。死因は新型コロナによる肺炎。ワクチン接種歴はなかった。

 また、県は14日から21日までの1週間で、国の公表により県内居住の4人のインド株(デルタ株等)陽性が明らかになったと発表した。いずれも海外渡航歴はなく、県内の事業所で発生したクラスター(感染者集団)の感染者だった。

 このほか、県は10歳未満~80代の95人の感染を発表。市川市内の運送業「神鋼物流」の関東物流センターでは、新たに20代~40代の男性従業員4人の感染が分かり、既に感染が判明していた1人を含め計5人のクラスターが発生した。

 船橋市は、10代~60代の12人の感染を発表した。20代1人に肺炎症状がある。他は軽症。感染経路不明が10人を占めた。クラスターが発生している市内の食品加工事業所「フードプロセス関東事業部」では新たに従業員2人の感染が分かり、感染は計54人となった。

 同市の変異株独自検査は対象になった5人全員が陽性で、3人は英国株(アルファ株)。2人はインド株(デルタ株)の可能性がある変異。

 千葉市は、新たに10歳未満~70代の14人の感染を発表した。いずれも軽症か無症状。

 柏市は、市内居住の20~70代の8人の新規感染を発表した。

 24日に感染が確認された人の居住地は、市川市19人▽千葉市12人▽船橋市11人▽柏市、市原市、佐倉市が各10人▽成田市9人▽松戸市、四街道市が各6人▽八千代市5人▽野田市、木更津市が各4人▽浦安市、習志野市が各3人▽流山市、八街市、袖ケ浦市、大網白里市、多古町が各2人▽我孫子市、印西市、東金市、長南町が各1人▽県外1人▽海外1人▽住居不明1人だった。


  • LINEで送る