【新型コロナ詳報】千葉県内コロナ131人感染 最多は千葉市と市原市 3日ぶり100人超

 千葉県内で23日、新たに131人の新型コロナウイルス感染が判明した。一日の感染者数が100人を上回ったのは3日ぶり。死者や新規クラスター(感染者集団)は確認されなかった。県内での累計感染者は3万9463人に増えた。

 県は、10歳未満~80代の94人の感染を発表した。このうち、40代~80代の男女計7人は肺炎像が確認され、症状がやや重い。

 船橋市は、10歳未満から60代までの15人の感染を発表した。40代1人の呼吸器症状がやや重い。感染経路不明が10人を占めた。

 同市の変異株独自検査は対象になった7人全員が陽性で、5人は英国株(アルファ株)。2人はインド株(デルタ株)の可能性がある変異。

 千葉市は、新たに10歳未満から70代の計18人の感染を発表した。このうち、市内居住の70代男性が重症で、ICU(集中治療室)に入っている。そのほかの17人はいずれも軽症か無症状。

 柏市は、市内居住の20代~50代の4人の感染を発表した。

 23日に感染が確認された人の居住地は、千葉市、市原市が各15人▽船橋市13人▽市川市、松戸市、木更津市が各11人▽袖ケ浦市6人▽浦安市、四街道市が各5人▽柏市、鎌ケ谷市、成田市が各4人▽我孫子市、八街市、富里市、東金市が各3人▽習志野市、流山市、佐倉市、旭市が各2人▽八千代市、印西市、白井市、君津市、銚子市、横芝光町が各1人▽海外が1人だった。


  • LINEで送る