【新型コロナ詳報】千葉県内2人死亡、63人感染 4月13日以来70人下回る 変異株新たに40人

 千葉県内で1日、新型コロナウイルスに感染した2人の死亡と、63人の感染が判明した。一日の感染者数が70人を下回るのは4月13日以来。県の担当者は「下げ止まっており、危機感を持ったまま対応していく」と述べ、県内の感染状況は依然として厳しいとの見方を示した。

 県は、38人の感染を発表した。クラスター(感染者集団)が発生した社会人野球の日本製鉄かずさマジックの選手で、20代の男性1人が含まれる。新たな変異株陽性は40人だった。

 千葉市は、1人の死亡と6人の感染を発表した。亡くなったのは市内の医療機関に入院していた70代女性で、基礎疾患があった。

 柏市は、1人の死亡と11人の感染を発表した。亡くなったのは80代男性。糖尿病と高血圧の持病があり、新型コロナによる肺炎で入院していた。

 船橋市は、8人の感染を発表した。変異株独自検査は対象5人中4人が陽性でいずれも「英国株」だった。

 1日に県内で感染が判明した人の居住地は▽市川市、柏市が各9人▽船橋市7人▽千葉市、松戸市が各5人▽八千代市、君津市が各4人▽習志野市、野田市が各3人▽我孫子市、成田市が各2人▽浦安市、佐倉市、鎌ケ谷市、木更津市、山武市、富津市、芝山町が各1人▽県外2人▽海外1人だった。


  • LINEで送る