【新型コロナ詳報】千葉県内119人感染、6人死亡 変異株新たに36人

千葉日報オンライン
千葉日報オンライン

 千葉県内で11日、新型コロナウイルスに感染した6人の死亡と、10歳未満から80代までの119人の感染が判明した。一日の感染者が100人を超えるのは4日連続。変異株は新たに36人の陽性が判明した。

 県は、4人の死亡と72人の感染を発表した。死亡した4人のうち、90代以上の女性1人は変異株陽性。その他の3人は、いずれも変異株クラスター(感染者集団)が起きた県内の社会福祉施設関連の感染者だが、いずれも変異株陽性とは認められていない。

 新たに変異株陽性が分かった36人中、20代男性1人はクラスターが発生した県内の事業所関連の感染者。この事業所での変異株陽性は6人目だが、それぞれの感染状況を踏まえ、現時点で変異株でのクラスターとは認定されていない。

 千葉市は、1人の死亡と18人の感染を発表した。亡くなったのはクラスターが発生していた市内の医療機関の入院患者で、80代の女性という。

 柏市は、1人の死亡と11人の感染を発表した。亡くなったのはクラスターが起きた市内の高齢者施設「豊四季ケアセンターそよ風」の利用者で、市内居住の90代以上の女性。高血圧や心疾患の持病があった。

 船橋市は、18人の感染を発表。変異株独自検査は対象者4人とも陽性だった。

 11日に県内で感染が判明した人の居住地は▽船橋市18人▽千葉市17人▽柏市12人▽浦安市11人▽松戸市10人▽市川市8人▽野田市5人▽市原市、我孫子市が各4人▽八千代市、習志野市、流山市、佐倉市が各3人▽鎌ケ谷市、印西市、四街道市、白井市が各2人▽木更津市、袖ケ浦市、銚子市、館山市、富津市、酒々井町、大多喜町、長生村が各1人▽県外2人だった。


  • LINEで送る