マンション内見中、不動産会社の女性にわいせつ 東金署、容疑で35歳男を逮捕

 マンションの内見中に不動産会社の女性社員に乱暴しけがを負わせたとして、東金署は6日、強制性交致傷の疑いで千葉市中央区の自称無職の男(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月15日午後1時35分ごろ、東金市内のマンションの一室で、県内に住む60代の女性会社員の服を包丁のようなもので切り裂いた上、押し倒すなどしてわいせつな行為をしようとし、手や胸に軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、女性は不動産会社員で、内見しに来た男を案内していた。男はその場から逃走し、女性の同僚が同署に通報。マンションにあった防犯カメラの映像などから浮上した。「間違いありません」と容疑を認めている。男は精神科病院に通院歴があるという。


  • LINEで送る