催涙スプレー吹きかけたか 強制わいせつ致傷疑いで男逮捕 市川署

 市川署は27日、強制わいせつ致傷の疑いで、市川市湊新田2、無職、横山秀行容疑者(47)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月25日午後7時50分~8時ごろ、同市内の複合ビルの女子トイレで、当時18歳だった女性の顔に催涙スプレーのようなものを吹きかけ、目や顔に軽傷を負わせた上、わいせつな行為をした疑い。

 同署によると、容疑者は黙秘している。女性が被害を受けた直後、近くの交番に相談。防犯カメラの映像などから、容疑者が浮上した。女性と面識はなかった。


  • LINEで送る