「若者たち、油断しないで!」 千葉県が要請 県立高校では熊谷知事のメッセージ放送

熊谷俊人知事
熊谷俊人知事

 若者たち、油断しないで―。新型コロナウイルス対策で千葉県は28日、20代や30代の感染ピーク後に中高齢者の感染が拡大する傾向が見られるとし、高齢者らの感染を防ぐためにも若年世代の対策徹底を求めた。また、熊谷俊人知事は同日、県立高校の生徒ら約10万人に「油断せず、感染防止行動の徹底を」などとする音声メッセージを各校で放送し、協力要請した。

 県によると、昨年12月~今年2月の「第3波」の際、20代~30代の感染ピークが来たおよそ半月後に、後追いするように70代の感染者が増加したと説明。4月中旬以降から20代が増加し“第4波”の兆候が見られたため警戒を呼び掛けた。

 一方、熊谷知事は高校生らの感染防止行動も重要とし、学校の昼食時間に音声メッセージを放送。感染力の強い変異株が増加しているとし「油断し、今だけはいいだろうと思った時に感染拡大する」と指摘し、対策徹底を呼び掛けた。

【関連記事の下にある新型コロナの年代別新規感染数推移のグラフ(千葉県提供)をクリックすると、画像が拡大されます】


  • LINEで送る