【新型コロナ詳報】千葉県内144人感染、2人死亡 市川と我孫子でクラスター

 千葉県内で28日、新型コロナウイルスに感染した2人の死亡と144人の感染が判明した。変異株は新たに2人が陽性。市川市と我孫子市では新規クラスター(感染者集団)が発生した。

 県疾病対策課によると、死亡したのは60代女性と80代女性。60代女性は県内初の変異株クラスターが発生した飲食店の関連患者。

 変異株を確認したのは80代男性と20代男性。いずれも海外滞在歴はなかった。

 市川市の障害児通所施設「発達療育レンテ市川」では、幼児1人の感染が判明し、計5人のクラスターとなった。我孫子市の高齢者施設「我孫子ロイヤルケアセンター」では、職員1人と入所者2人の感染が判明。これまでに感染していた8人と合わせて計11人のクラスターとなった。

 県はこのほか、10歳未満から80代の計82人の感染を発表した。

 船橋市は、10代~80代の25人の感染を発表。変異株独自検査では、対象となった2人とも陽性だった。

 柏市は、20代~50代の5人の感染を発表。27日発表した20代公務員女性はPCR検査で陰性となり、発生届を取り下げた。

 千葉市は10歳未満から80代の計32人の感染を発表した。

 28日に県内で感染が判明した人の居住地は▽千葉市32人▽船橋市26人▽市川市14人▽八千代市と浦安市が9人▽松戸市8人▽柏市6人▽野田市5人▽市原市4人▽我孫子市、佐倉市、鎌ケ谷市、印西市が各3人▽習志野市、流山市、木更津市、四街道市、富里市が各2人▽白井市、茂原市、酒々井町、長生村、長南町が各1人▽県外4人。


  • LINEで送る