千葉県でモニタリング検査開始 公共施設でキット配布 新型コロナ

イメージ(写真と記事本文は直接関係ありません)
イメージ(写真と記事本文は直接関係ありません)

 新型コロナウイルスの感染再拡大に備えるため、国と千葉県は26日、県内の公共施設利用者にPCR検査キットを配布、感染の有無を調べるモニタリング検査を開始した。

 対象に選ばれたのは公共施設1カ所。初日の26日は約100人分を配布。自ら唾液を採取し国が委託した民間会社へキットを送付。検査結果は後日、専用アプリに通知される。県は施設名を公表していない。


  • LINEで送る