2等陸曹を停職処分 陸自木更津駐屯地

 陸上自衛隊木更津駐屯地(木更津市)は15日、制服などを持ち帰ったとして、業務隊に所属する50代の男性2等陸曹を停職1日の懲戒処分とした。

 同駐屯地によると、2等陸曹は2018年8月下旬ごろ、業務上管理する機密性のない文書と、古くなって更新する予定だった階級章や部隊章の付いた制服などを自宅に持ち帰った。翌年2月、上司が帳簿と現物の数が合わないことに気付き発覚した。


  • LINEで送る