【新型コロナ詳報】千葉県内503人感染、過去2番目の多さ 入院中重症者が最多 女性2人死亡

千葉日報社
千葉日報社

 千葉県で16日、新型コロナウイルスに感染した2人の死亡と503人の感染が分かった。一日の感染者としては、15日の504人に次いで2番目の多さ。16日時点での入院中の重症者は43人(速報値)と過去最多となった。

 県は、感染していた80代女性2人の死亡を発表。1人は居住地非公表で、入院先の病院で15日に死亡した。

 もう1人はクラスター(感染者集団)が発生している市川市大町の特別養護老人ホーム「市川あさひ荘」の入居者。12日に陽性と分かり、13日に施設で容体が急変。救急搬送された病院で同日死亡した。感染判明時は軽症。死因は新型コロナによる肺炎だった。

 我孫子市布佐の特別養護老人ホーム「アコモード」では新たに70代~90代以上の入居者7人の感染が判明し、クラスターと認定された。これまでに職員と入居者計7人の感染が判明済みで、陽性者は計14人となった。対象となった入居者と職員計約110人の検査結果が出ている。デイサービス利用者の感染は確認されていない。

 クラスターが発生している市原市姉ケ崎の帝京大学ちば総合医療センターでは、新たに20代女性看護師1人の感染が判明。感染者は計20人となった。職員と患者計約140人の検査が済んでいる。

 このほか、クラスター認定されている▽船橋市金杉の市立医療センター▽野田市野田の高齢者施設「野田ライフケアセンター」▽成田市飯仲の「モウイジャパン成田工場」―でそれぞれ感染者が増えた。

 16日に県内で感染が確認された人の居住地は千葉市76人▽柏市51人▽松戸市50人▽市川市43人▽船橋市35人▽八千代市、市原市が各22人▽浦安市、流山市が各21人▽我孫子市、佐倉市が各16人▽野田市が各13人▽成田市が各12人▽習志野市、四街道市が各10人▽袖ケ浦市、君津市が各8人▽東金市が各7人▽茂原市が6人▽白井市、富里市、芝山町が各5人▽木更津市、印西市、八街市が各4人▽鎌ケ谷市、香取市、山武市、大網白里市が各3人▽銚子市、酒々井町、館山市、匝瑳市が各2人▽栄町、鴨川市、多古町、一宮町、白子町、長南町が各1人▽県外が3人。


  • LINEで送る