【新型コロナ速報】県内2人死亡、218人感染 過去2番目の多さ 習志野市と成田市で新たなクラスター

千葉日報社
千葉日報社

 千葉県内で30日、新型コロナウイルスに感染したいずれも80代の男女2人の死亡と、男女218人の感染が判明した。24日の234人に次ぎ2番目の多さ。習志野市と成田市で新たなクラスター(感染者集団)が確認された。県内での死者は117人、累計感染者は10826人に増えた。

 船橋市保健所によると、80代男性=船橋市=は軽症で12月16日に市内医療機関に入院し、29日に死亡した。死因は新型コロナによる急性呼吸器疾患だった。県は、野田市の80代女性の死亡を発表した。

 県は2つのクラスターが発生したとも発表。既に学生2人の感染が分かっていた習志野市実籾にある日本大学で新たに学生15人の感染が分かり、クラスターとなった。他にも成田市にある接待を伴う飲食店でも確認された。

 30日に感染判明を発表した自治体別では、県が150人、千葉市が31人、船橋市が22人、柏市が15人。


  • LINEで送る