診療報酬を詐取容疑 千葉市の歯科院長逮捕

 診療報酬を不正に受給したとして、千葉東署は25日、詐欺の疑いで、千葉市若葉区都賀2の「若葉歯科クリニック」院長、山田正幸容疑者(69)=同市花見川区長作町=を逮捕した。

 逮捕容疑は2017年11月10日~18年11月20日ごろ、患者の男女7人を診療した事実がないにもかかわらず、診療報酬請求の審査・支払いをする機関に12回にわたり虚偽の診療報酬明細書のデータを送信し、自分名義の預金口座に計約17万円を振り込ませた疑い。

 同署によると、クリニックの患者から「診療を受けていないのに医療費通知書が届いた」と市に相談があり発覚した。山田容疑者はクリニックを10年に開業し、約10年間1人で診察や治療に当たっていたという。同署は認否を明らかにしていない。


  • LINEで送る